ヒトガタあみぐるみを作る その2

2

 

ヒトガタあみぐるみを作る その1からの続き

4)足から編み始めた胴体は最終段で、頭の最終段と同じ目数になるよう減らし目をして一旦糸をきる。

いっぱい試作を編んでみたんですけど、足の太さ?は胴体部分の目数の半分になるようにすると足からお腹のラインがスッキリするかな〜と個人的には。

5)頭を編む。

うちの編みっ娘は体よりも頭の方が大きいのですが、これもお好みで。
ちなみに私は8目の作り目で編み始め。
2段目〜4段目*8目ずつの3段の増やし目
5段目〜9段目*増減なし
10段目〜12段目*8目ずつ3段の減らし目
これで丸い頭ができるはず。多分・・・w

6)頭と体に綿をつめて、首でつなぐ。(←今日はココまで)

 

実は、うちのヒトガタの編みっ娘はポージングが出来るようにちょっとした骨格が入っています。

本当は、はぐ(つなぐ)という作業が好きではないので、頭の方から編み始めて続けて足先へと編み進めていたのですが、骨格を入れる過程で頭から編むとどうにも作業が滞ってしまうので、ボディを編み、骨格をいれながら綿詰めをし、頭とつなぐ方法をとっています。

あと、頭から編んで行くと、なぜかお腹がポッコリな感じになってしまうのは技量のなさ故ですねw

 

そうそう。

骨格がはいっているので、この時点ではバランスがとれれば自立も可能なのですが、どうしても頭が大きい子の宿命でしょうか。

髪の毛をつけてしまうと、こけちゃいますw

 

その3へ続きます。 多分・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ

あみぐるみ ブログランキングへ


Author rota

2 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。