『被害者は誰?』貫井 徳郎

0

お久しぶりです。

作る・・・・と云うことに自信喪失中につき、読書に逃避中。

暇さえあれば図書館へ通っています。

まずは、これまたおなじみ貫井徳郎氏の作品から未読をチョイス。

やられた〜

って感想は、解説の二階堂氏に対して。

本作に対して、『喝采の叫び声をあげる』とあったので思わず手にとってしまいましたが・・・。

どちらかと云うと、期待はずれな感が大きかったです。

表題作と他1作は、氏の得意とする手法だったため、 早々と看破。

気軽に楽しめるのは短編集ならではですが、ずっすりとした手応えが無かったので、熱く語れずちょっと残念。


Author rota

メールアドレスが公開されることはありません。