固定概念を変えてみる。

0

 

 

 

起き上がり小法師さんをどうやってくるもうか。
試行錯誤のうちに3つほどをダメにしてしまいました。
実は、このお話をいただいた時には、『私には無理だなぁ』って思ったんです。
それでも、今は参加できることをとても楽しく思えている私がいます。

普段使う、細いレース針が減らし目の時に小法師さんの生地に刺さってしまい、ポロポロとかけてくる。
-それじゃあ、編む方向を変えてみよう。

立ち上がりをつけあみくるむと、小法師さんの生地のやわらかなラインが損なわれる。
-だったら、立ち上がらなくてもいい。あえてのグルグル編みをしよう。

がっつり編みくるむと、起き上がらずにこけてしまう。
-起き上がらなくてもいいんじゃない?

ちょっと思考を転換させると、あ、できる!っておもえたり。

 

世の中に溢れてるかわいいヒトガタあみぐるみを見るにつけ、『別に私が編まなくてもいいや』って気持ちになっていた時期がありました。
一度そう思うと、思考のマイナス化は止められなくって。
色々あがいてはいたんですよ。私なりには。
そんな時にこの『起き上がり小法師展』のお誘い。
そもそも、小法師さんをあみくるむっていうのは、固定概念をひっくりかえす提案で。
乗っかろうと思えた私もまた、心の中で何かをひっくり返すことができたのかなぁと思います。

起き上がらない小法師さん。
らしくない形をしていたり、なんでか逆立ちしちゃったりする小法師さん
ありていにとらわれるより、私らしさでいいのかしらって。

ちょっと背伸びをすることに終始していた昨年。
今年はらしさを強み(武器)に、そのあたりを大切に、極めていけたらと思います。

 

『おきあがり小法師展覧会』〜こぼしの知らないこぼしたち〜

会期 2/19 - 3/8

場所 アトリエとギャラリーMoi  (12:30−18:00 *月木 定休日)
大阪市阿倍野区阪南町1-50-28  昭南ビル207号室
http://moi6.com/

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存


Author rota

メールアドレスが公開されることはありません。