覚え書き(家作り私的メモ)

0

本日、約1年をかけた家作りがゴールを迎えました。
外構がまだ終わってないのですが・・・

ほぼ1年の長丁場で、疲れも多いのですが、面倒見の良い素敵な方達に支えられて、無事終える事ができました。

もともと、営業さんの人柄で決めたハウスメーカーさんではありました。

家を建てる事で色々あったりもしましたが、常に矢面に立って下さり、また労を惜しまない担当Kさんは夜や祝日の早朝にも飛んで来て下さいましたし、知恵と知識の詰まった監督さん、こちらの提案にめんどくさがらずに図面を何十回も書き直して下さった設計士さん、その他色々の方に感謝で一杯です。

せっかくなので、ちょっと振り返って書き残しておこうかと。

*2012年8月15日。
何を思い立ったか、旦那さんに住宅展示場に連れて行かれる。
色んなメーカーさんとお話をしている中で、消費税アップを前に建て替えたいと爆弾発言。(オイ。聞いてないっすけどw)
この時点で、一人の印象深い営業Kさんに出会う。

翌日からは、電話やセールスが入れ替わり立ち替わり。
そりゃもう、すごい面倒な事にw

*同年9月
近所付き合いの難しい地域だった事もあり、子供の要望もあって、平行して、築40年弱の自宅売却→学校近くでの建て売り購入も模索。

旦那さんの勤務先提携のハウスメーカーさんと、数社にしぼって、プランの見比べ期間。
キッチンシンクの真横で、なおかつリビングの中にトイレを作るという(オイ)、ちょっと奇妙きてれつな事をするハウスメーカーさんに退場いただき、実質1社(印象深い営業さん)と話を詰める。

*同年10月末
価格的に建て替えの費用がどうしても高く、断念。
自宅売却して建て売り購入に動く。
震災経験者として、建て売りが木造だったこと、すでに建ち上がっていて、多少使いづらい点があったことで、心揺れていたハウスメーカーさんの見積もりを見直す。
カーテンや照明、エアコン、太陽光、すべて含まれていた見積もりに心動く。

悩みに悩んだ末、サンヨーホームズさんとの家作りを決意。
でも、この時に担当のKさんに出会わなければ、きっと建て売りですませていたんだろうな。

*同年12月を目標にプラン作りを始めるも、色々な事情で春まで延期することに。

*2013年4月15日自宅解体・28日地鎮祭
*同年5月地盤改良・土台工事
*同年6月上旬組み上げ・内装
*同年7月上旬 内装し上げ・クロス・外構 7/30引き渡し
*同年8月上旬 外構完成予定

【サンヨーホームズさんにした理由】
何よりも、担当Kさんの提案力。人柄。
営業Kさんが自社の家作りに自信を持っておられる事。
震災経験→鉄骨メーカ。ハードロックナット。

【サンヨーホームズさんにして良かった点】
とにかく、家作りに妥協をしない。
こんなの出来ませんか?と話をするとすぐに何パターンもの図面を用意していただき、ちょっとした変更に関しても、その都度図面を書き直して下さったり、ご近所との面倒ごとや色々と矢面に立って、施主に負担がかからないようにと骨を折って下さった点。
見積もりが細かい。(退出願った某ハウスメーカーさんはひとまとめの見積もりでした)
見るのは大変でしたが、どこにどんな風にお金が使われているのかがわかりやすかった。
ちょっとした事でも必ず連絡を下さり、工事の進捗報告も数日ごとのマメさ。
梅雨時期に雨が続いて作業が滞ってても、雨なので進捗ないですとの連絡を下さったりも。

とりあえず
何をするにも労を惜しまない担当さんに出会えた幸運。これにつきます。
もちろん、担当Kさんだけでなく、設計士さん、現場監督さん、皆さんの対応がいつでも気持ちのよいものでした。
ご近所の方からも、作業員の方の礼儀ただしさ等をお褒めいただいて、鼻高々でした。
サンヨーホームズの皆さん。
本当にありがとうございました。
これからも家を通してのおつき合いお願いいたします。

さて。
新居に戻るとしましょうか。
引っ越し準備、大変ですw

*参考
【サンヨーホームズ株式会社】


Author rota

メールアドレスが公開されることはありません。