文庫本サイズのブックカバー

0

『ブックカバーを作って欲しい』

通 勤にいつも本を持って行く旦那さんに昨年から頼まれていました。

それなのに、それをそっちのけで、納品用のブックカバーを仕上げた所、↑このブックカバーを自分のだと思い込んでて自分のじゃないとわかったとたん悄気て しまいました。

『いや、この雪だるまの絵付きを持って歩くつもりやったん?』

『うん。』

『はぁ!?普通恥ずかしいやん。』

『そっか?』

『普通の作ったるし〜』

そういう会話の後、いそいそと旦那さんが紙を持ってきました。

そこには、どうやらF1マシンの絵。

これを刺繍してくれと!? お待たせしたお詫びに刺繍しましたとも。

アイルトン・セナをイメージする黄色に緑のラインの入ったヘルメットが赤いマシンに乗っている様。

タイトル『セナがフェラ〜リに乗った勇姿』だそうです。 わかる人だけ笑って下さい(笑)

あまりにも恥ずかしいので写真は載せませんが、電車で気づいた方がおられましたら是非声をかけてやって下さいませ。

合い言葉は『巨匠!』で。 きっと笑顔で振り返ります(笑)


Author rota

メールアドレスが公開されることはありません。